MAGAZINE Vol.2

ビーチ、ヨガ、キャンプ、サウナ……etc。
1枚で何役もこなす「ノマディックス」のタオルが便利すぎる!

「ノマディックス」は、2014年に米カリフォルニア州の南に位置するサン・クレメンテで誕生したタオルブランド。
世界でも有数のサーフスポットとして知られるこの地で、
サーフィンやキャンプなどを楽しむ友人同士だった3人の若者によって創られた。

ブランドは元より、機能性タオルというジャンルさえあまりなじみのない日本でも、
近年のフィットネスやアウトドアブームに押されて必然的に注目度が高まっている「ノマディックス」。
ここでは、その特徴とおすすめのアイテムを紹介したい。

上半分は山を、下半分はその山を映し出す海面を表現したブランドロゴ

アクティブな3人の若者が作った機能的でエコなタオル

前述の、「ノマディックス」を創立した3人の若者(ザック・ヘルミニャク、チェイス・ピーターセン、ハンター・ロビンソン)。
彼らはもともと、世界何十カ国を渡り歩いた旅人でもあり、その旅の相棒として持ち歩いていたのが、
ビーチ、キャンプ、ヨガといったそれぞれの用途に合わせて使用するためのタオルだった。

「用途に応じてタオルを使い分けること」が日常だった一方で、何枚もタオルを持ち運ばなければならない不便さや、
タオルの枚数が増えることで出費がかさむこと、そして何より、ゴミが増えてしまうことに疑問に感じていた彼らは、
これらの問題を一挙に解消してくれるタオルを自分たちの手で作ってしまおうと決意する。

コンセプトは「Own Less, Do More(少ないモノで、多様なコトを)」。
そして、製品開発のポイントはたったの2点と、非常にシンプルだ。

まず、汎用性と耐久性に優れたタオルを作ることで、それを使う人々が“モノ中心”の価値観から解放され、
大切な時間とお金をよりアクティブで豊かな人生を送れるようになること。

そして、使用済みペットボトルからできるリサイクルポリエステル繊維を素材に使うことで、
できるだけ持続可能な方法で作れる製品であること。
地球の限りある貴重な資源から採取するのではなく、
既存の資源に目を向けて活用しよう、というエコの精神だ。

こうして誕生したのが、柔らかくて肌触りがよく、何よりとても軽い、
それまでの“タオル”のイメージとは一線を画す機能性タオルだ。
しかし、そうはいっても「たかだか1枚のタオルでしょ」と斜めに見てしまう気持ちもわからなくない。

「The Nomadix Towel」4,800円(+tax)(72×184cm)

たとえば、もっともベーシックな定番アイテム「The Nomadix Towel」。
これひとつとっても、そこには9つもの“明確で使える”機能が内包されている。

1.SUPER ABSORBENT

縫い目がきめ細かく吸水力がある

2.SAND RESISTANT

タオル表面に砂がつきにくい

3.QUICK-DRY MATERIAL

水切れがよく乾きやすい

4.PET HAIR PROOF

タオル表面にペットの毛がつきにくい

5.SMALL PACK SIZE

バックの中でかさばらないボリューム感

6.FUNK RESISTANT

乾きやすくにおいが出にくい

7.ALWAYS RECYCLED

可能な限りリサイクル素材を使用

8.STRECH PROOF

伸び縮みしにくく型崩れしにくい

9.ANTI-SLIP FOR YOGA

滑りにくくヨガマットとして使える

「体を拭いてもすぐに乾いてくれる」
「ビーチで使った後、タオルに砂がこびりつかない」
「バッグの中でかさばらないし、軽い」
「ペットの毛を気にせずに広げられる」
という具合に、使えるシーンが具体的に想像できるのではないだろうか?

また「The Nomadix Towel」は、サイズがヨガマットとほぼ同じであるという点も見逃せない。
屋外でヨガを楽しみたいとき、そのまま敷いて使えるのはもちろん、
シンプルなヨガマットの上にかぶせることで気分がアガる、デザイン性の高さも魅力だろう。

ヨガの最中にペットが遊びにきちゃっても気にならない!
床が硬い室内では、通常のヨガマットの上にタオルを敷く使い方がおすすめ

アウトドアでの使いやすさを追求したプロダクト

「ノマディックス」の製品は、上記で挙げた機能を含め、のべ16もの機能を用途に合わせて複合的に組み合わせることで、
他のブランドには真似できない特徴的なプロダクトラインナップを実現している。

その中からいくつか、おすすめのアイテムをピックアップしてみよう。

「The Nomadix Towel」よりもひとまわり小さいサイズでさらに持ち運びしやすい「Ultra-light Towel」。
その名のとおり、226gと超軽量でさらに持ち運びしやすくなったニューアイテムだ。

「ノマディックス」のタオルを普段使いで気軽に持ち運びたいなら、断然「The Nomadix Hand Towel」が便利。
「The Nomadix Towel」のハンドタオル版で、コンパクトにクルクルとまとめれば、
おしぼり大になるサイズ感。小さめのバッグに忍ばせておいてもかさばらないのがイイ!

海や川でのアクティビティの後、濡れた体を拭くのに使いやすいのが「Nomadix Poncho」。
タオルを上からすっぽり被れるようにポンチョ型にしただけ、なのだが、それがまた超便利。
タオルの中で着替えもパパッと済ませられるほど、十分ゆとりのあるサイズ感でサーファーにはおなじみのアイテムだが、
今ならサウナキャンプなんかでも重宝しそうだ。

「Nomadix Poncho」12,000円(+tax)(152×203cm)

ビーチや川での水遊び、キャンプなどのさまざまなアクティビティにおいてタオルは必需品だが、
「ノマディックス」のアイテムには、1枚あれば現場で何役もこなしてくれる頼もしさがある。
便利なのに環境にも優しいという、新しい時代のスタンダードを十二分に備えた機能性タオル。
一人ひとりができる小さなエコを実践する第一歩として、注目してほしいアイテムだ。

  • Photo:Akane Watanabe
  • Edit&Text:Soichi Toyama

Magazine一覧